ARASHI・嵐情報交換しましょ

★架空団体:嵐互助会会員★松本さん中心★中高生大歓迎★質問OK★リンクフリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑨披露宴レポ・後半


16:00
・お色直し入場。キャンドルサービス
 …BGMはお母さん枠で^^「One Love」。予備に2~3曲と言われたので「Be with you」と「Love so sweet」も1枚のCDに入れて提出しておいたら…、「One Love」が1番で終わって(@@)/、なんと3曲をちょっとずつ流してピッタリで終了。。。ある意味すごい。ちょうど終わったし、いい感じでつないであったし、きっと全部がお気に入りの曲だと思ってわざわざ編集して下さったのだと思いますが。。。「One Love」だけでよかったんですよ。。。しかし、キャンドルサービスも盛り上がったけど、意外と時間かからないんですね。

・メインのスイカキャンドルに点火。新朗「HappyBirthday♪」で吹き消す
・8月生まれのゲストにも出てきて貰って、スイカ入刀

 …前述しましたが、キャンドルサービスはプランに入ってるのに、メインキャンドルだけ別料金と言われたので、ヴィレッジヴァンガードで「HAPPY BIRTHDAY」のキャンドルを買ってきて、スイカにデコレーションしてもらいました。
ホテルのシェフがスイカの飾り切りの名手だったようで、サービスでスイカを2コに増やして紅白で「寿」と彫ってくれました。(…スイカは1,000円くらいで大きいのを売ってるので持ち込みすると言ったら、食品なので持ち込みはNGで、3,000円になると言われました。が、紅白にしたいから料金同じで2玉にしたいと電話してきてくれました)
結婚式をした直後に「ひみつの嵐ちゃん」で米倉涼子さんと大宮コンビが被ってた「誕生日ケーキの帽子」も買ってあって、キャンドルサービスの途中で新朗くんに被せる予定だったのですが、忘れちゃいました(;;) 酒を飲み過ぎちゃいけないなあ。
8月生まれは私の弟と、主人の姉。それに酔っ払った3月生まれの甥っ子が乱入して入刀。
司会者さんから「洩れがあると失礼になるので、事前に8月生まれの人を調べておいて下さい」と言われていたのですが、私は親戚しか調べず、新郎側も忘れてたもよう。司会者さんに2~3前に「調べてないから、披露宴の最中に私が聞いてまわる」と言ったら、「もう完全なサプライズで、名乗り出てくれた人だけでいっちゃいましょう」ということに。それでも一応、主賓テーブルには声を掛けに行ったのですが、意外といなかったですね。
スイカは切って、デザートビュッフェに並べて貰いましたが、テーブルにも運んでくれました。

16:15
・テーブルスピーチ(兼 親族紹介)
 …出席者のほとんどが親戚なので、普通は式の前後にやる親族紹介を、披露宴の中でやる…という話でした。余興の代わりに時間もつぶせるし。事前に頼んであった9卓それぞれの代表にテーブルのメンバーを紹介してもらいます。司会のお姉さんがマイクを渡しながら回ってくれるのですが、途中で、酔っ払った甥っ子がマイクを奪ったり、その流れでウチのテーブルも長男コールがきて父親の代わりに喋ったり。
上司や同僚、友人の皆さんには全員に一言頂きました。上司のお二方も再登場されましたが、始めの挨拶とはうって変わり、リラックスした楽しいお話が聞けました。時間調整枠だったのですが、結果、たくさんの皆さんに温かい言葉を頂いて、幸せな時間でした。
余談ですが。主人のお兄さんが「新婦の父の○○の兄です。○○も福島から愛知県に来て、よく頑張っているなと感心しています」と、花嫁そっちのけ?で主人をちょこっと褒めてました。主人は末っ子なので、51才になってもお兄さんにとっては「心配な弟」なんですね。私にとっても「心配なダンナ」ですけど~^^;兄弟愛を感じました。

16:35
・ブーケプルズ
 …ブーケトスだと誰も取らずに落ちたり、または奪い合いになったり、ブーケの形が崩れてしまったりするので、リボンをつないでくじ引きみたいに引くのですって。「未婚の女性というだけで参加させられて、晒し者になるのはイヤ」というご意見もあるようですが、今回は新婦の友人と従妹で21才以下の子ばかりだったので、明るく楽しくできました。

・ウエディングツリー披露
 …受付で、結婚の承認サイン 兼 寄せ書きとして、ゲストの皆さんに記入して頂いたウエディングツリー。書いてない人がいたらいけないので、披露宴会場の中にも置いておきましたが、完成しました。新郎新婦でご披露。
 …ここから披露宴お開きに向けて怒涛の演出です!!

16:45
・花嫁からの手紙
 …両親と花嫁が会場の向こうとこっちで、だい~ぶ離れていたので、ちょっと…泣けませんでした^^;。でも、隣の主人からはずっと「ふ~。ふ~。」と呼吸が聞こえ、泣くのをこらえているのが…おかしかった!^^
後日写真を見たら、新郎くんのお兄ちゃんや叔母さんも号泣してました。そんな中、泣かない私って。でも私にはまだ使命があるのだ↓。

・花束贈呈
 …あちらのお母さんが好きな赤い花。私は花が枯れて捨てましたけど、娘によるとあちらのお母さんは、ラッピングの和紙やビニールも丁寧に畳んで仕舞っていたそうです。あれれ。私ってやっぱりガサツ。

・両家代表謝辞
 …新朗くんはお母さんだけなので、お母さんが代表ですが、「もし嫌だったら、やはり男性がやった方がしまりますよ」と、プランナーさんからのアドバイスで主人がやることに。(親の挨拶は無しで、新郎の言葉だけでもいいかな?とも思いましたが、なんかプランナーさんが、やった方がいいと言ったので、お父さんにも仕事をやらせようと思いました^^)
でも主人ったら、前もって何も準備をする様子がなかったので、私がネットで例文を探してプリントアウトして渡したのですが、それを覚える姿勢さえ見れず。。。
前日に「大丈夫なの?」と聞いたら、「俺は酔っ払っちゃうから、兄貴に頼むかな~」「おっかあが横で紙を読んで教えればいいんだ」「もう、おっかあが言えばいい」とか言ってました。
その晩もまだ紙を見る風でも無く。。。私がその紙を本当に持って行きました。
さて。花嫁の手紙の時には私はその例文をしっかり持っていたわけですが、泣きそうなかすれた声で謝辞を話し始める主人。あれ?例文どおり。ちゃんと暗記してたんだ。でも時々つまってしまうので、私は一生懸命例文を聞こえるように読んであげていました。
「なにぶん若い2人ですので…」と言った時、本当に涙がこみ上げて主人の言葉が途切れます。会場のあちこちからすすり泣き。。。
なんかね。福島なまりで朴訥と喋るのが、雰囲気出すんですよ。25年前の私らの結婚式でも、「誓いの言葉」とか「新郎謝辞」が、特別上手い事を言ってるわけでもないのに、何か味があって泣かせました。
それで無事に立派な謝辞となりました。プランナーさんは私の所に来て、「お母様。さすがですね^^」とか言ってくれました。
しかし。。。その数時間後。ウチの親戚だけで宴会をしてる時に、「(主人が)ふ~ふ~言ってた」「謝辞を覚えてるのか判らなかったから、横で私が一生懸命教えてた」と暴露してたら、主人が……「おっかあが横でうるさかった」。。。
キ~~~ッ!!失敗したらいけないと思って、頑張ったのに!アンタが「横で読んで教えろ」って言ったんじゃん!!!怒れるわ~。

・新朗謝辞
 …新朗くんはちゃんと原稿を作って読んでました。喋り方が可愛らしい人なので、一生懸命な感じに伝わりました。

・新郎新婦退場、両家退場

17:00
・送賓
 …5人で並んでゲストのお見送り。プチギフト(マルカワのまいガム×2個ずつラッピング)を渡す。ウケる。やった!ここでも写真撮影会。

17:30
・マイクロバス出発
 …急いで着替えて、親戚一同が次のホテルへ移動。物品やご祝儀は結婚式場で預かってもらう。宿泊先の25人分のチェックインも私の仕事。酔ってるから大変。新郎新婦は市役所へ婚姻届を出しに行ってから、次のホテルに合流。新朗くんのお兄ちゃんもその場で主人が誘って宴会に参加。私は以前から新朗くんに「誘えば?」って言ってたんですけど、「母さんちに泊まるからいいです」って言ってて、お兄ちゃんには伝わって無かったんですが、喜んで来てくれました。

~~~~~~~~~~
18~21:00
・飲み放題、食べ放題の宿泊者宴会(別のホテル)
 …爺ちゃんも泊まらせたけど、大人しくしてました。年長者グループと、甥姪グループに席は分かれましたけど、だいぶ楽しかったです。
その証拠に(?)、宴の終盤に主人のお姉さんに呼ばれまして。今回、ここの新婦側の親戚の宴会付き宿泊代は私らが出しましたが、新幹線代や車のガソリン代などの交通費はみんなが要らないと言ってくれて、出してなかったのです。それだけでも有りがたいのに、お義姉さんが「久し振りに皆に会えたし、すごく楽しかった。ちーが全部段取りしたんだろう?ありがとね。大変だったろう?楽しかったから、ここの宴会の分も出すよ。ウチと、兄貴んとこから」と言って、お金を包んでくれたんです(@0@)/
お金の問題じゃないけど、それだけ喜んでくれて、気持ちを表したいとまで思ってくれた事がとても嬉しく、頑張って良かったな~と達成感に浸りました。
主人は末っ子だから、お兄さんもお姉さんも気を遣ってくれて有りがたいなあ。
私の兄も、ご祝儀を驚くほどくれたし。弟は。。。普通^^。
あ。ウチの長男も妹に対して、ご祝儀をたくさんくれました。

【宿泊について】
宿泊したホテルにも、始めは結婚式をやるかも…という前提で相談に行き、「結婚式・披露宴+列席者宿泊」の仮予約をしました。
しかし、結婚式は違うホテルですることに決めたので、キャンセルかたがたこのホテルに再訪。
キャンセルで申し訳ないが、宿泊はしたい。「ビアビュッフェ+宿泊+朝食」というプランが割安だと思うのでお願いしたいと伝えたら、宿泊担当の方がブライダルサロンに来てくれました。
そこで、「新郎新婦にはスイートに泊まらせてあげたいけど、ビアビュッフェのプランには無いですもんね~」と言ったら、「そうですね。」
しかし、帰宅後に電話をくれて、「大勢様、宿泊して下さるので、スィートもビアビュッフェプランのお値段で結構です」
ヤッター!!
このホテルで挙式していれば、新郎新婦のスィート宿泊もセットに入ってました。
挙式したホテルでも、100万円以上の利用で、新郎新婦の宿泊は付いてはいたのですが、満室で泊まれず。(後日の宿泊はプレゼントされました)
新婚旅行に行けないこと、先方の実家でお母さんと同居ということを考えると、この日くらいスィートに泊まらせて、新婚気分を味わわせてあげたかったので、お値打ちに実現できてラッキーでした^^。
~~~~~~~~~~
翌朝
・親戚をお見送り
・式場だったホテルに戻って代金の精算

 …私と新郎新婦の3人。ブライダルサロンの1室を借りて、ご祝儀袋から現金を出して数える。お金の事はまた違うページに書きますが、ご祝儀で式場の費用を全て払うことができました!!
・荷物持ち帰り

夕方
・爺ちゃんをホームに戻す
 …爺ちゃん…「昨日の結婚式は楽しかったね!」と言ったら、「結婚式?行ったの?誰のだっけ?お母さんも来た?(←亡くなってます)」トホホ

~~~~~~~~~~
【感想】
お金の事を考えれば、皆さんに交通費やら衣装代、ご祝儀とたくさんのご負担をお掛けするので、「結婚式をやるのが当たり前」みたいな考えはやめた方がいいと思いました。
大きなお金が動くのですから、お金持ちの道楽という気もします。

でも、親戚は久し振りに集まれて喜んでくれたし、新朗くんの会社の方々も「良い式だったね」と言って下さったそうですし、娘も「楽しかったから、もう1回やりたい」なんて言ってたらしいので、
今回のイベント自体は、やって悔い無し。
たくさんの人が喜んでくれて、幸せな気持ちになれたから。


なので、息子ふたりが結婚する時も、何らかの形で結婚式はやらせたい…と思いますね~。
なんといっても(普通は)一生に一度しかやれないんですから。やれるだけ、やってみよう^^v
デキ婚で急いだのと、ツワリがひどかったり、新朗くんがバイク移動だったりで、母親の私が出しゃばってしまいましたが、おかげで色々な情報も知る事ができたので、今回よりももっと皆さんの負担の少ない結婚式もできそうです。
例えば ⇒全国のメルパルク(旧郵便貯金会館) ⇒小さな結婚式
引き出物をやめて、会費制がいいな…という結論^^。

~~~~~~~~~~
↓リンク
娘の節約結婚式…正味1ヶ月で全て仕切った母ちゃんの話^^;
①結婚式をやるか?やらないか?
②結婚式場を決めるまで。式場の種類
③結婚式の準備・ペーパーアイテム
④結婚式の準備・衣装
⑤結婚式の準備・演出、司会者打合せ
⑥結婚式の準備・お料理
⑦結婚式当日~人前式まで
⑧披露宴レポ・前半
⑨披露宴レポ・後半
⑩結婚式・費用の話
⑪結婚 その他の手続き
⑫妊婦にまつわる色々
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。